retireSakiの日記

たぶん引退した?ソフトウエアエンジニアのブログ

Googleアナリティクスを使って、スマート砲がどのページを見ているのかチェック

 最近、「スマート砲でアクセス数が!」という話を他のブログで目にすることが何度がありましたので、Googleアナリティクスを使ってスマート砲がどのページを見ているのかチェックする方法を紹介します。

そもそもスマート砲とは何か?!

スマート砲弾”のことではないですw
これで笑えた人は、軍オタの素質があるかもです。

スマート砲とは、スマートフォン用のニュースアプリ「スマートニュース - SmartNewsに掲載され、アクセス数が伸びることですね。

下の記事は、スマートニュースについて詳細に説明されています。
スマートニュースにおける、記事の抽出概念などが分かりやすく書かれていますよ(^^♪

webtan.impress.co.jp
実際にアナリティクスを使って、スマートニュースからどのページを見に来ているのチェック

さて、本題の手順です。
実際に自分のブログでチェックしてみました。

1.アナリティクスにログインした状態です。

2.サイドメニューの「行動」→「行動フロー」を選択します。

3.日付の部分を選択して、調べる日付を設定します。

4.「ランディング ページ」横の  を選択します。

5.「ランディング ページ」を選択し、「参照元/メディア」を選択します。

6.「+ アイテムを追加」を選択します。

7.「マッチタイプ」を「含む」に変更、「」に「smartnews」を入力し、「適用」を選択します。

8.開始ページのルート "/" 以下(ドメイン名を除いたURL)が、スマートニュースから見に来たページになります。

 ブラウザのアドレス入力欄に、自身のブログURL+ドメイン名を除いたURL で入力すると、該当ページが見れます。

ドメイン名を除いたURLが長い場合、途中省略されますが、マウスカーソルを乗せるとポップアップで全て表示されます。

サンプルの場合:
 "/entry/2018/12/29/113500" と表示されているので、
 "https://retiresaki.hatenablog.com/entry/2018/12/29/113500"
 となります。

なお、該当ページが複数ある場合、または、更にそこから別のページを見に行った場合は、横のツリー構造で表示されます。

9.今回の場合、該当ページをブラウザで見ると、以下の記事でした。

日付や対象とするユーザーは後からでも変更できますので、対象となる日付が不明な時は都度変更されると良いでしょう。

私はスマホを使っていませんので、スマートニュース自体は気にしていなかったのですが...数件でも何気にアクセスあるとうれしいですねw

やってみると、意外に簡単ですよ!
今回はスマートニュースでしたが、他のサイトでも同じようにできますので、調べたいサイトのURLやその一部を指定みましょう。

参考になれば幸いです(^^)/

 

注目記事

「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。